パソコンで勤怠管理SRの
よくある質問
Q パソコンでタイムカード管理SRのデータをささっとタイムカード計算SRへ読込み時、「指定オブジェクトが見つかりません」、「リストのインデックスが範囲を超えています」と表示されます。
A

「パソコンでタイムカード管理SR」の時間単位有給休暇の設定により
エラーメッセージが表示されている可能性があります。

「パソコンでタイムカード管理SR」の
時間単位有給休暇の適用開始の確認をします。

<操作方法>
1.「パソコンでタイムカード管理SR」を起動し、管理者画面より「従業員情報」を
 選択し従業員様を選択して「編集」をクリックします。

2.ユーザー情報 編集画面が表示されますので、
 「時間単位年次有給休暇に関する設定」の
 「1日の時間数」の「使用可能日数」の
 適用開始が2010/04/01に設定されているかご確認頂けますでしょうか。
 ※適用開始が2010/04/01に設定されていない場合、
  お手数ですが2010/04/01に設定お願い致します。
 ※各従業員様、確認します。

「時間単位年次有給休暇に関する設定」の
「1日の時間数」の適用開始日は編集ではなく
「追加」より 例:「2020/08/28」など登録行います。



3.全ての従業員様の設定をご確認後、
 「ささっとタイムカード計算SR」を起動し、
 「パソコンでタイムカード管理SR」バックアップを読込、動作を確認します。