偽装ファイルブロッカー

偽装ファイルブロッカー
  • 拡張子偽装
  • 標的型攻撃
  • 監視・検知
  • ブロック
  • 情報漏えい防止

拡張子を偽装したウイルスを検知&ブロック
標的型攻撃から情報を保護

販売形態 ダウンロード版 パッケージ版
希望小売価格 2,990円+税
ライセンス 1ライセンス
型番 DE-657
JANコード 4560243926575
対応OS Windows 10 / 8.1 / 7 ( 64・32bit )

第28回Vectorプロレジ大賞 ノミネート商品 全品特価

偽装ファイルブロッカーを購入する

情報セキュリティスペシャリストが開発

情報セキュリティスペシャリストが開発

情報セキュリティスペシャリスト※高度情報処理技術者【国家資格】が開発した確かなソフトウェアです。

開発元:Neproce http://neproce.ddo.jp/

拡張子を偽装したウイルスを監視
標的型攻撃ウイルスから情報を守る

業者や取引先を装いメールを送り偽装したウイルスに感染させる
アイコンや拡張子を偽装して安全なファイルに見せかける

標的型攻撃の特徴に、安全なアイコンや拡張子に偽装してウイルスプログラムというのを隠しています。

また、空白文字をたくさん挿入して一目では拡張子を確認できないようにする場合もあります。
拡張子を偽装しているので「知人がUSBメモリでくれたファイルを自宅のパソコンにコピーしたら偽装ウイルスもコピーしてしまった」「ホームページからファイルをダウンロードしてみたら…偽装ウイルスだった」など、様々な感染経路が考えられます。

最近、特定の企業や組織を狙った標的型攻撃メールにより、重要な情報が盗まれる事件が頻発しています。
不特定多数の対象にばらまかれる通常の迷惑メールとは異なり、対象の組織から重要な情報を盗むことなどを目的として、組織の担当者が業務に関係するメールだと信じて開封してしまうように巧妙に作り込まれたウイルス付きのメールのことです。
従来は府省庁や大手企業が中心に狙われてきましたが、最近では地方公共団体や中小企業もそのターゲットとなっています。

総務省『国民のための情報セキュリティサイト』http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/business/staff/05.html を加工して作成

拡張子を偽装したファイルを
リアルタイムで検知

二重拡張子や空白文字、RLO制御文字などで拡張子の偽装を見破る

取引先からのメールに添付されていた一見重要そうな書類を開いてみたら、ウイルスに感染してしまった…。
ホームページからファイルをダウンロードしてみたら、拡張子を偽装していた…。
そんな拡張子を偽装したウイルスや、標的型攻撃ウイルスをブロックして被害を未然に防ぐことができます。

対応偽装手段についてさらに詳しく

インストールするだけでOK
セキュリティ対策ソフトと併用できる

ウイルス対策ソフトと併用してセキュリティを高める

インストール後、ファイルの作成が自動的に監視される為、普段は何もする必要がありません。
また、使用中のセキュリティ対策ソフトと併用しても問題ありません。

● 動作検証済みセキュリティ対策ソフト(2016年8月現在 / 弊社調べ)
  • Norton Internet Security v22 (シマンテック)
  • ウイルスバスター v10(トレンドマイクロ)
  • マカフィー アンチウイルス プラス v14(マカフィー) 
  • ESET v9 (キャノン)
  • カスペルスキー 2016(Kaspersky Lab)
監視・検知についてさらに詳しく

ページの先頭へ